Hiroshi Ishiguro with Geminoid

著名なロボット科学者であり、日産のテクノロジーコンサルタントでもある石黒浩氏にとって、人々が人工知能を受け入れるかのポイントはただ一点のみ、どれくらい人間らしいかです。石黒氏にとって、AIは人間らしく見えるほど受け入れられやすくなり、石黒氏が呼ぶところの、人間と機械の「自然な交流」が促されます。

著名なロボット科学者であり、日産のテクノロジーコンサルタントでもある石黒浩氏にとって、人々が人工知能を受け入れるかのポイントはただ一点のみ、どれくらい人間らしいかです。石黒氏にとって、AIは人間らしく見えるほど受け入れられやすくなり、石黒氏が呼ぶところの、人間と機械の「自然な交流」が促されます。

著名なロボット科学者であり、日産のテクノロジーコンサルタントでもある石黒浩氏にとって、人々が人工知能を受け入れるかのポイントはただ一点のみ、どれくらい人間らしいかです。石黒氏にとって、AIは人間らしく見えるほど受け入れられやすくなり、石黒氏が呼ぶところの、人間と機械の「自然な交流」が促されます。

Hiroshi Ishiguro at the 2019 CES event in Las Vegas

ラスベガスのCESにて、新たな車載テクノロジーに関する日産のプレゼンテーションに協力すべく、ぼさぼさ頭でリラックスした様子の石黒氏が、かしこまった格好の自動車産業のエグゼクティブを背に登壇しました。一体石黒氏はそこで何をしていたのでしょうか?日産は何のために彼を雇ったのでしょうか? 「コンセプトの構築」と、石黒氏はたいした説明もなく唐突に話し始めました。競争の激しいテクノロジー分野では秘密主義が当たり前であるため、石黒氏が口を閉ざしがちであっても致し方ないことでしょう。日産が石黒氏を起用した真の理由を知るためには、石黒氏自身とその研究についてもっと掘り下げる必要があります。

ラスベガスのCESにて、新たな車載テクノロジーに関する日産のプレゼンテーションに協力すべく、ぼさぼさ頭でリラックスした様子の石黒氏が、かしこまった格好の自動車産業のエグゼクティブを背に登壇しました。一体石黒氏はそこで何をしていたのでしょうか?日産は何のために彼を雇ったのでしょうか? 「コンセプトの構築」と、石黒氏はたいした説明もなく唐突に話し始めました。競争の激しいテクノロジー分野では秘密主義が当たり前であるため、石黒氏が口を閉ざしがちであっても致し方ないことでしょう。日産が石黒氏を起用した真の理由を知るためには、石黒氏自身とその研究についてもっと掘り下げる必要があります。

ラスベガスのCESにて、新たな車載テクノロジーに関する日産のプレゼンテーションに協力すべく、ぼさぼさ頭でリラックスした様子の石黒氏が、かしこまった格好の自動車産業のエグゼクティブを背に登壇しました。一体石黒氏はそこで何をしていたのでしょうか?日産は何のために彼を雇ったのでしょうか? 「コンセプトの構築」と、石黒氏はたいした説明もなく唐突に話し始めました。競争の激しいテクノロジー分野では秘密主義が当たり前であるため、石黒氏が口を閉ざしがちであっても致し方ないことでしょう。日産が石黒氏を起用した真の理由を知るためには、石黒氏自身とその研究についてもっと掘り下げる必要があります。

ロボット・デザイナーで、
アンドロイド・スペシャリストで、
アーティスト

ロボット・デザイナーで、
アンドロイド・スペシャリストで、
アーティスト

ロボット・デザイナーで、
アンドロイド・スペシャリストで、
アーティスト

Hiroshi Ishiguro

生命のないものに命を授けるという行為が、ある専門的な業界で行われています。この、規模は小さいながらも重要な分野には、イノベーターやリーダーと呼ばれる、エリートグループが存在します。石黒氏は、日本の大阪大学大学院基礎工学研究科に属する、知能ロボット学研究室の室長という打って付けのポジションにいます。これを日常業務とする一方で、彼はインターネット上でのちょっとした話題の人物でもあります。

名前を検索すると、石黒氏と彼が作った不気味なほどにリアルなアンドロイドが出てきます。なかには、それ単体でインターネット上の有名人となっているものもあります。彼の作品には、世界で最も生きた人間に近いアンドロイドがいくつも存在します。そのひとりが、Geminoid HI-1。石黒氏の仮想上の双子です。驚くほどそっくりで、両者を見分けるのが困難なくらいです。ロボットの芸術性を目にすれば、石黒氏の一つ前の天職にも違和感はまったくないでしょう。石黒氏は、かつて油絵画家を志していました。

生命のないものに命を授けるという行為が、ある専門的な業界で行われています。この、規模は小さいながらも重要な分野には、イノベーターやリーダーと呼ばれる、エリートグループが存在します。石黒氏は、日本の大阪大学大学院基礎工学研究科に属する、知能ロボット学研究室の室長という打って付けのポジションにいます。これを日常業務とする一方で、彼はインターネット上でのちょっとした話題の人物でもあります。

名前を検索すると、石黒氏と彼が作った不気味なほどにリアルなアンドロイドが出てきます。なかには、それ単体でインターネット上の有名人となっているものもあります。彼の作品には、世界で最も生きた人間に近いアンドロイドがいくつも存在します。そのひとりが、Geminoid HI-1。石黒氏の仮想上の双子です。驚くほどそっくりで、両者を見分けるのが困難なくらいです。ロボットの芸術性を目にすれば、石黒氏の一つ前の天職にも違和感はまったくないでしょう。石黒氏は、かつて油絵画家を志していました。

生命のないものに命を授けるという行為が、ある専門的な業界で行われています。この、規模は小さいながらも重要な分野には、イノベーターやリーダーと呼ばれる、エリートグループが存在します。石黒氏は、日本の大阪大学大学院基礎工学研究科に属する、知能ロボット学研究室の室長という打って付けのポジションにいます。これを日常業務とする一方で、彼はインターネット上でのちょっとした話題の人物でもあります。

名前を検索すると、石黒氏と彼が作った不気味なほどにリアルなアンドロイドが出てきます。なかには、それ単体でインターネット上の有名人となっているものもあります。彼の作品には、世界で最も生きた人間に近いアンドロイドがいくつも存在します。そのひとりが、Geminoid HI-1。石黒氏の仮想上の双子です。驚くほどそっくりで、両者を見分けるのが困難なくらいです。ロボットの芸術性を目にすれば、石黒氏の一つ前の天職にも違和感はまったくないでしょう。石黒氏は、かつて油絵画家を志していました。

ロボットにとって、人間になるとはどういうことか

ロボットの製作時に、石黒氏は人間になるとはどういうことか、つまり、非言語シグナル、自然発話の不規則性、人間とロボットを分かつニュアンスなどに焦点を絞っています。自身の研究結果は将来的に人間が交流を持つことになるAI機械のすべてに必須であると石黒氏は信じていますが、ここでいうAI機械とは、従来のロボットのことではありません。テクノロジー企業は日常の装置や機械をより人間らしいインターフェイスにする方法を模索している最中であり、石黒氏はそれに貢献することができるのです。

ロボットにとって、人間になるとはどういうことか

ロボットの製作時に、石黒氏は人間になるとはどういうことか、つまり、非言語シグナル、自然発話の不規則性、人間とロボットを分かつニュアンスなどに焦点を絞っています。自身の研究結果は将来的に人間が交流を持つことになるAI機械のすべてに必須であると石黒氏は信じていますが、ここでいうAI機械とは、従来のロボットのことではありません。テクノロジー企業は日常の装置や機械をより人間らしいインターフェイスにする方法を模索している最中であり、石黒氏はそれに貢献することができるのです。

ロボットにとって、人間になるとはどういうことか

ロボットの製作時に、石黒氏は人間になるとはどういうことか、つまり、非言語シグナル、自然発話の不規則性、人間とロボットを分かつニュアンスなどに焦点を絞っています。自身の研究結果は将来的に人間が交流を持つことになるAI機械のすべてに必須であると石黒氏は信じていますが、ここでいうAI機械とは、従来のロボットのことではありません。テクノロジー企業は日常の装置や機械をより人間らしいインターフェイスにする方法を模索している最中であり、石黒氏はそれに貢献することができるのです。

「今日、フレンドリーな声を持つ機械は、明日にはフレンドリーな顔を持つ」

「今日、フレンドリーな声を持つ機械は、明日にはフレンドリーな顔を持つ」

「今日、フレンドリーな声を持つ機械は、明日にはフレンドリーな顔を持つ」

Hiroshi Ishiguro with Geminoid

「将来的には、何もかもが人間らしくなります」と石黒氏は言います。家庭のアシスタントAIが電子レンジと同じくらいありふれたものになるにつれ、人間は単に機械を操作するのではなく、交流を持つという方が、よりしっくりくるようになります。今日フレンドリーな声を持った機械であれば、明日にはフレンドリーな顔を持ち得るのです。

「将来的には、何もかもが人間らしくなります」と石黒氏は言います。家庭のアシスタントAIが電子レンジと同じくらいありふれたものになるにつれ、人間は単に機械を操作するのではなく、交流を持つという方が、よりしっくりくるようになります。今日フレンドリーな声を持った機械であれば、明日にはフレンドリーな顔を持ち得るのです。

「将来的には、何もかもが人間らしくなります」と石黒氏は言います。家庭のアシスタントAIが電子レンジと同じくらいありふれたものになるにつれ、人間は単に機械を操作するのではなく、交流を持つという方が、よりしっくりくるようになります。今日フレンドリーな声を持った機械であれば、明日にはフレンドリーな顔を持ち得るのです。

Hiroshi Ishiguro with Geminoid

感情を持った機械

AIの未来について厳かに語りながら、石黒氏は人間と機械が交流する際の感情の価値について見事な指摘をしました。例に出したのは、車のドライバーに音声で指示をするスマートフォンの地図アプリです。単調なロボットのような語り口では、例えば切迫感などの特定のものごとを伝えることが難しい場合があると石黒氏は断定します。

石黒氏は、厳しく深刻な口調で「止まって下さい」と告げるナビゲーションユニットの方が、はるかに意味があると話します。次のナビゲーション操作を「今すぐ」行わなければならないことが分かるからです。冷静な口調では、この命令の緊急性がうまく伝わらず、直ちに行わなくてはならない動作ではないと思われてしまう恐れがあります。感情は人々に価値のある情報を伝えるものであり、機械は言語および非言語シグナルの両方で感情を伝える方法を、学ばなければならないと石黒氏は考えています。

感情を持った機械

AIの未来について厳かに語りながら、石黒氏は人間と機械が交流する際の感情の価値について見事な指摘をしました。例に出したのは、車のドライバーに音声で指示をするスマートフォンの地図アプリです。単調なロボットのような語り口では、例えば切迫感などの特定のものごとを伝えることが難しい場合があると石黒氏は断定します。

石黒氏は、厳しく深刻な口調で「止まって下さい」と告げるナビゲーションユニットの方が、はるかに意味があると話します。次のナビゲーション操作を「今すぐ」行わなければならないことが分かるからです。冷静な口調では、この命令の緊急性がうまく伝わらず、直ちに行わなくてはならない動作ではないと思われてしまう恐れがあります。感情は人々に価値のある情報を伝えるものであり、機械は言語および非言語シグナルの両方で感情を伝える方法を、学ばなければならないと石黒氏は考えています。

感情を持った機械

AIの未来について厳かに語りながら、石黒氏は人間と機械が交流する際の感情の価値について見事な指摘をしました。例に出したのは、車のドライバーに音声で指示をするスマートフォンの地図アプリです。単調なロボットのような語り口では、例えば切迫感などの特定のものごとを伝えることが難しい場合があると石黒氏は断定します。

石黒氏は、厳しく深刻な口調で「止まって下さい」と告げるナビゲーションユニットの方が、はるかに意味があると話します。次のナビゲーション操作を「今すぐ」行わなければならないことが分かるからです。冷静な口調では、この命令の緊急性がうまく伝わらず、直ちに行わなくてはならない動作ではないと思われてしまう恐れがあります。感情は人々に価値のある情報を伝えるものであり、機械は言語および非言語シグナルの両方で感情を伝える方法を、学ばなければならないと石黒氏は考えています。

初めてのロボットはロボットではないかもしれない

石黒氏と話していると、ロボットに関して広く一般に伝わっている誤解があらわになります。例えば、初めて交流するロボットが、映画でよく見るような、いかにもな金属製のサイボーグであるといった考え方です。実際は、最初に接するロボットはおそらく、私たちがすでになじみのある機械に、少しのAIと、かなりの人間らしいジェスチャーを加えたものになるでしょう。

石黒氏が一番人間らしく仕上げたいと望んでいる機械は何でしょうか?答えは簡単です。石黒氏にとって自動車は「より人間らしく」することができる「大きなロボット」なのです。

人間が自動運転車両を導入する上で一番大きな障害となるのはおそらく、信頼でしょう。車に顔や声があって、落ち着かせるような態度を見せてくれたら、ラッシュ時に自動運転に身を委ねることが少しは怖くなくなるでしょうか?いずれはっきりします。

初めてのロボットはロボットではないかもしれない

石黒氏と話していると、ロボットに関して広く一般に伝わっている誤解があらわになります。例えば、初めて交流するロボットが、映画でよく見るような、いかにもな金属製のサイボーグであるといった考え方です。実際は、最初に接するロボットはおそらく、私たちがすでになじみのある機械に、少しのAIと、かなりの人間らしいジェスチャーを加えたものになるでしょう。

石黒氏が一番人間らしく仕上げたいと望んでいる機械は何でしょうか?答えは簡単です。石黒氏にとって自動車は「より人間らしく」することができる「大きなロボット」なのです。

人間が自動運転車両を導入する上で一番大きな障害となるのはおそらく、信頼でしょう。車に顔や声があって、落ち着かせるような態度を見せてくれたら、ラッシュ時に自動運転に身を委ねることが少しは怖くなくなるでしょうか?いずれはっきりします。

初めてのロボットはロボットではないかもしれない

石黒氏と話していると、ロボットに関して広く一般に伝わっている誤解があらわになります。例えば、初めて交流するロボットが、映画でよく見るような、いかにもな金属製のサイボーグであるといった考え方です。実際は、最初に接するロボットはおそらく、私たちがすでになじみのある機械に、少しのAIと、かなりの人間らしいジェスチャーを加えたものになるでしょう。

石黒氏が一番人間らしく仕上げたいと望んでいる機械は何でしょうか?答えは簡単です。石黒氏にとって自動車は「より人間らしく」することができる「大きなロボット」なのです。

人間が自動運転車両を導入する上で一番大きな障害となるのはおそらく、信頼でしょう。車に顔や声があって、落ち着かせるような態度を見せてくれたら、ラッシュ時に自動運転に身を委ねることが少しは怖くなくなるでしょうか?いずれはっきりします。