Nissan Pao

レトロで未来的なデザイン、魅力的な外観、熱心なファンが我先にと、手に入れようと作る行列。最新スマートフォンの話ではありません。ポケットに入りそうなサイズと非難されそうなところは似ているかもしれませんが―日産のパイクファクトリーで製造された車の話です。これらの車は今では市場に出回っていないものの、1985年以来、ずっと伝説として語り継がれています。

好景気と、未来への楽観的な見方に後押しされ、日本のデザインは梱包デザインから家電などにも、より高いレベルを求めるようになりました。日産が革新的な車を作りたいと願い、社内外のデザイナーからなる、できたばかりの日産パイクファクトリーの特別デザインチームに、難題を持ち込んだのはこのような時勢の中でした。

レトロで未来的なデザイン、魅力的な外観、熱心なファンが我先にと、手に入れようと作る行列。最新スマートフォンの話ではありません。ポケットに入りそうなサイズと非難されそうなところは似ているかもしれませんが―日産のパイクファクトリーで製造された車の話です。これらの車は今では市場に出回っていないものの、1985年以来、ずっと伝説として語り継がれています。

好景気と、未来への楽観的な見方に後押しされ、日本のデザインは梱包デザインから家電などにも、より高いレベルを求めるようになりました。日産が革新的な車を作りたいと願い、社内外のデザイナーからなる、できたばかりの日産パイクファクトリーの特別デザインチームに、難題を持ち込んだのはこのような時勢の中でした。

レトロで未来的なデザイン、魅力的な外観、熱心なファンが我先にと、手に入れようと作る行列。最新スマートフォンの話ではありません。ポケットに入りそうなサイズと非難されそうなところは似ているかもしれませんが―日産のパイクファクトリーで製造された車の話です。これらの車は今では市場に出回っていないものの、1985年以来、ずっと伝説として語り継がれています。

好景気と、未来への楽観的な見方に後押しされ、日本のデザインは梱包デザインから家電などにも、より高いレベルを求めるようになりました。日産が革新的な車を作りたいと願い、社内外のデザイナーからなる、できたばかりの日産パイクファクトリーの特別デザインチームに、難題を持ち込んだのはこのような時勢の中でした。

ワクワクする近代的なデザインに、ほのかなノスタルジア

パイクファクトリーチームは業界全体の気風であった保守的なデザインからの脱却を決めました。代わりに、「ノスタルジックモダン」のコンセプトを打ち出し、これがBe-1や他のパイクカー開発の指針となりました。

Be-1は遊び心とワクワクする気持ちを強調しています。当時の平均的な車のデザインからの脱却でした。すぐに大きなヒットになるとパイクチームは信じていましたが、まずは、コンセプトカーを一から製造する価値があるデザインであると示すことが必要でした。

ワクワクする近代的なデザインに、ほのかなノスタルジア

パイクファクトリーチームは業界全体の気風であった保守的なデザインからの脱却を決めました。代わりに、「ノスタルジックモダン」のコンセプトを打ち出し、これがBe-1や他のパイクカー開発の指針となりました。

Be-1は遊び心とワクワクする気持ちを強調しています。当時の平均的な車のデザインからの脱却でした。すぐに大きなヒットになるとパイクチームは信じていましたが、まずは、コンセプトカーを一から製造する価値があるデザインであると示すことが必要でした。

ワクワクする近代的なデザインに、ほのかなノスタルジア

パイクファクトリーチームは業界全体の気風であった保守的なデザインからの脱却を決めました。代わりに、「ノスタルジックモダン」のコンセプトを打ち出し、これがBe-1や他のパイクカー開発の指針となりました。

Be-1は遊び心とワクワクする気持ちを強調しています。当時の平均的な車のデザインからの脱却でした。すぐに大きなヒットになるとパイクチームは信じていましたが、まずは、コンセプトカーを一から製造する価値があるデザインであると示すことが必要でした。

Exterior view of the Nissan Pao 3 door hatchback Pike car

日産Be-1のデビュー

日産Be-1のデビュー

日産Be-1のデビュー

1985年の第26回東京モーターショーにて世界中にお披露目された日産Be-1は大きな話注目を集めました。 一般的なボックスデザインには追随せず、Be-1は丸みを帯びた、従来よりも小型の車でした。小さな、流線形の、丸っこい―そして、なんだかかわいい。日本の車市場で熱狂的に受け入れられ、即座に帰ってきた好意的な反応を、日産も無視することはできませんでした。

Be-1の1987年の製造当時、生産台数は10,000台に限られていました。日産には事前発注が殺到し、購入は抽選となりました。要望にこたえて、その年の後半にキャンバストップバージョンが販売されましたが、こちらも即完売となりました。

1985年の第26回東京モーターショーにて世界中にお披露目された日産Be-1は大きな話注目を集めました。 一般的なボックスデザインには追随せず、Be-1は丸みを帯びた、従来よりも小型の車でした。小さな、流線形の、丸っこい―そして、なんだかかわいい。日本の車市場で熱狂的に受け入れられ、即座に帰ってきた好意的な反応を、日産も無視することはできませんでした。

Be-1の1987年の製造当時、生産台数は10,000台に限られていました。日産には事前発注が殺到し、購入は抽選となりました。要望にこたえて、その年の後半にキャンバストップバージョンが販売されましたが、こちらも即完売となりました。

1985年の第26回東京モーターショーにて世界中にお披露目された日産Be-1は大きな話注目を集めました。 一般的なボックスデザインには追随せず、Be-1は丸みを帯びた、従来よりも小型の車でした。小さな、流線形の、丸っこい―そして、なんだかかわいい。日本の車市場で熱狂的に受け入れられ、即座に帰ってきた好意的な反応を、日産も無視することはできませんでした。

Be-1の1987年の製造当時、生産台数は10,000台に限られていました。日産には事前発注が殺到し、購入は抽選となりました。要望にこたえて、その年の後半にキャンバストップバージョンが販売されましたが、こちらも即完売となりました。

Nissan Be-1 3 door hatchback Pike car

カーデザインのムーブメントの先頭を行く

カーデザインのムーブメントの先頭を行く

カーデザインのムーブメントの先頭を行く

日産は大ヒットコンセプトを手にし、パイクファクトリーにさらにデザインを依頼しました。実際、中世の槍にちなんだ「パイク」という名称は、新しい、最先端のデザインを先導する、という考え方からです。そうしてパイクファクトリーは、日産パオ、フィガロ、エスカルゴを次々に生み出しました。

日産は大ヒットコンセプトを手にし、パイクファクトリーにさらにデザインを依頼しました。実際、中世の槍にちなんだ「パイク」という名称は、新しい、最先端のデザインを先導する、という考え方からです。そうしてパイクファクトリーは、日産パオ、フィガロ、エスカルゴを次々に生み出しました。

日産は大ヒットコンセプトを手にし、パイクファクトリーにさらにデザインを依頼しました。実際、中世の槍にちなんだ「パイク」という名称は、新しい、最先端のデザインを先導する、という考え方からです。そうしてパイクファクトリーは、日産パオ、フィガロ、エスカルゴを次々に生み出しました。

Nissan Pike cars

すべて限定数の生産でしたが、日産は次のパイクカーであるパオについては、50,000台以上と生産を増やしました。それでも事前受注は3ヶ月で売り切れとなりました。キャンバストップモデルのパオは、内外装ともにレトロ感と冒険心を表現しています。1990年代前半まで生産されましたが、その姿は今でもクラシックカーショーでおなじみです。

すべて限定数の生産でしたが、日産は次のパイクカーであるパオについては、50,000台以上と生産を増やしました。それでも事前受注は3ヶ月で売り切れとなりました。キャンバストップモデルのパオは、内外装ともにレトロ感と冒険心を表現しています。1990年代前半まで生産されましたが、その姿は今でもクラシックカーショーでおなじみです。

すべて限定数の生産でしたが、日産は次のパイクカーであるパオについては、50,000台以上と生産を増やしました。それでも事前受注は3ヶ月で売り切れとなりました。キャンバストップモデルのパオは、内外装ともにレトロ感と冒険心を表現しています。1990年代前半まで生産されましたが、その姿は今でもクラシックカーショーでおなじみです。

Nissan Pao 3 door hatchback Pike cars

フィガロに未来へ呼び戻される

フィガロに未来へ呼び戻される

フィガロに未来へ呼び戻される

Interior of the Nissan Figaro Pike car

1991年、日産フィガロが加わりました。 フィガロも引き続き、自動車業界の常識を覆しました。まず、開発チームが主に女性で構成されていました。Be-1やパオが’50年代に目を向けてデザインされたのに対し、フィガロは1935年のダットサンロードスターや’30年代のアールデコファッションからインスピレーションを受けました。

日産が東京モーターショーでつけた「Back to the Future」のフレーズのもと、オープンカーとして売り出されたフィガロは、ヨーロッパにインスパイアされたスタイリング、レザーシート、インダッシュのCDプレイヤーを特徴としていました。フィガロは、クラシックな豪華さと最先端技術の融合モデルでした。ご想像に難くないとおり、実際に一台も路上を走らないうちに、20,000台が完売しました。すぐに購入できなければ、運のつき。日産は信念を曲げす、フィガロを1イヤーモデルしか製造しませんでした。

1991年、日産フィガロが加わりました。 フィガロも引き続き、自動車業界の常識を覆しました。まず、開発チームが主に女性で構成されていました。Be-1やパオが’50年代に目を向けてデザインされたのに対し、フィガロは1935年のダットサンロードスターや’30年代のアールデコファッションからインスピレーションを受けました。

日産が東京モーターショーでつけた「Back to the Future」のフレーズのもと、オープンカーとして売り出されたフィガロは、ヨーロッパにインスパイアされたスタイリング、レザーシート、インダッシュのCDプレイヤーを特徴としていました。フィガロは、クラシックな豪華さと最先端技術の融合モデルでした。ご想像に難くないとおり、実際に一台も路上を走らないうちに、20,000台が完売しました。すぐに購入できなければ、運のつき。日産は信念を曲げす、フィガロを1イヤーモデルしか製造しませんでした。

1991年、日産フィガロが加わりました。 フィガロも引き続き、自動車業界の常識を覆しました。まず、開発チームが主に女性で構成されていました。Be-1やパオが’50年代に目を向けてデザインされたのに対し、フィガロは1935年のダットサンロードスターや’30年代のアールデコファッションからインスピレーションを受けました。

日産が東京モーターショーでつけた「Back to the Future」のフレーズのもと、オープンカーとして売り出されたフィガロは、ヨーロッパにインスパイアされたスタイリング、レザーシート、インダッシュのCDプレイヤーを特徴としていました。フィガロは、クラシックな豪華さと最先端技術の融合モデルでした。ご想像に難くないとおり、実際に一台も路上を走らないうちに、20,000台が完売しました。すぐに購入できなければ、運のつき。日産は信念を曲げす、フィガロを1イヤーモデルしか製造しませんでした。

Exterior view of the Nissan Figaro 2+2 convertible
Exterior view of the Nissan S-Cargo delivery van

エスカルゴでカタツムリ風に

エスカルゴでカタツムリ風に

エスカルゴでカタツムリ風に

パイクファクトリーは商用車にも遊び心を持ち込み、路上での優れた性能ではなく、比類なきスタイリングにより日産の最も伝説的な車の1つとなる製品をデザインしました。

日産エスカルゴが1989年1月に市場に登場した時、商用車部門に斬新な風が吹きました。その名前は、カタツムリを表す「エスカルゴ」のダジャレであり、カタツムリのような外観に、48インチの高さのドーム型のカーゴエリアで車内の容量にゆとりを持たせました。 また、取り外し可能な寿司トレイのような―その通り、いかにも取り外し可能な寿司トレイのようなテーブル風のダッシュボードと、カタツムリをテーマにしたフロアマットもありました。

その型破りなルックスは世論を二分し続けましたが、日産エスカルゴは希少な、今日では見つけることの難しい車です。

パイクファクトリーは商用車にも遊び心を持ち込み、路上での優れた性能ではなく、比類なきスタイリングにより日産の最も伝説的な車の1つとなる製品をデザインしました。

日産エスカルゴが1989年1月に市場に登場した時、商用車部門に斬新な風が吹きました。その名前は、カタツムリを表す「エスカルゴ」のダジャレであり、カタツムリのような外観に、48インチの高さのドーム型のカーゴエリアで車内の容量にゆとりを持たせました。 また、取り外し可能な寿司トレイのような―その通り、いかにも取り外し可能な寿司トレイのようなテーブル風のダッシュボードと、カタツムリをテーマにしたフロアマットもありました。

その型破りなルックスは世論を二分し続けましたが、日産エスカルゴは希少な、今日では見つけることの難しい車です。

パイクファクトリーは商用車にも遊び心を持ち込み、路上での優れた性能ではなく、比類なきスタイリングにより日産の最も伝説的な車の1つとなる製品をデザインしました。

日産エスカルゴが1989年1月に市場に登場した時、商用車部門に斬新な風が吹きました。その名前は、カタツムリを表す「エスカルゴ」のダジャレであり、カタツムリのような外観に、48インチの高さのドーム型のカーゴエリアで車内の容量にゆとりを持たせました。 また、取り外し可能な寿司トレイのような―その通り、いかにも取り外し可能な寿司トレイのようなテーブル風のダッシュボードと、カタツムリをテーマにしたフロアマットもありました。

その型破りなルックスは世論を二分し続けましたが、日産エスカルゴは希少な、今日では見つけることの難しい車です。

Interior and exterior view of the Nissan S-Cargo delivery van

コレクタークラブによりパイクカー需要絶えず

パイクカーが輸出可能になり、米国や英国、欧州の路上でより見かけられるようになりました。英国だけで、3,000台以上のフィガロが登録され今なお使用されています。20,000台のみの生産だったため、英国のオーナーはこれまでに生産された全フィガロの15%を占めています。従って、英国が世界最大のフィガロクラブだということになります。

パイクカーが米国に輸入可能になったのはここ数年ですが、熱狂的に受け入れられています。パイクカーのオンライン販売を見つけることは不可能ではありませんが、ごく限られた台数のみが出回っており、ふたたび需要が高まっています。

パイクカーはその独特なスタイリングと、そこに体現された陽気な楽観性を楽しむ熱狂的なファンの心を掴んで離しません。また、新たな世代のドライバーにも発見され始めている一方で、この不朽の名品が、どの年代のものか特定を試みているひともいます。

コレクタークラブによりパイクカー需要絶えず

パイクカーが輸出可能になり、米国や英国、欧州の路上でより見かけられるようになりました。英国だけで、3,000台以上のフィガロが登録され今なお使用されています。20,000台のみの生産だったため、英国のオーナーはこれまでに生産された全フィガロの15%を占めています。従って、英国が世界最大のフィガロクラブだということになります。

パイクカーが米国に輸入可能になったのはここ数年ですが、熱狂的に受け入れられています。パイクカーのオンライン販売を見つけることは不可能ではありませんが、ごく限られた台数のみが出回っており、ふたたび需要が高まっています。

パイクカーはその独特なスタイリングと、そこに体現された陽気な楽観性を楽しむ熱狂的なファンの心を掴んで離しません。また、新たな世代のドライバーにも発見され始めている一方で、この不朽の名品が、どの年代のものか特定を試みているひともいます。

コレクタークラブによりパイクカー需要絶えず

パイクカーが輸出可能になり、米国や英国、欧州の路上でより見かけられるようになりました。英国だけで、3,000台以上のフィガロが登録され今なお使用されています。20,000台のみの生産だったため、英国のオーナーはこれまでに生産された全フィガロの15%を占めています。従って、英国が世界最大のフィガロクラブだということになります。

パイクカーが米国に輸入可能になったのはここ数年ですが、熱狂的に受け入れられています。パイクカーのオンライン販売を見つけることは不可能ではありませんが、ごく限られた台数のみが出回っており、ふたたび需要が高まっています。

パイクカーはその独特なスタイリングと、そこに体現された陽気な楽観性を楽しむ熱狂的なファンの心を掴んで離しません。また、新たな世代のドライバーにも発見され始めている一方で、この不朽の名品が、どの年代のものか特定を試みているひともいます。

ボックス型デザインからの脱却

パイクカーは初めて、日産がデザイン主導のアプローチで業界を牽引し、妥協するのではなく、元々のコンセプトに忠実でい続けるということを示しました。これを達成するために、日産は成形可能な熱可塑性樹脂※を初めてパイクカーに使用して、新たな製造方法を模索しました。これにより、それぞれの車にアイコニックな丸みを帯びたデザインが可能になったのです。

少量の生産を円滑化するために、日産はすべての計画および製造プロセスをシンプルにしました。容易に入手可能な部品を使い、新たな材料を採用することで、日産は1年間でBe-1の生産を完了することができ、他の車の半分の時間でショールームに置くことが可能になりました。

ボックス型デザインからの脱却

パイクカーは初めて、日産がデザイン主導のアプローチで業界を牽引し、妥協するのではなく、元々のコンセプトに忠実でい続けるということを示しました。これを達成するために、日産は成形可能な熱可塑性樹脂※を初めてパイクカーに使用して、新たな製造方法を模索しました。これにより、それぞれの車にアイコニックな丸みを帯びたデザインが可能になったのです。

少量の生産を円滑化するために、日産はすべての計画および製造プロセスをシンプルにしました。容易に入手可能な部品を使い、新たな材料を採用することで、日産は1年間でBe-1の生産を完了することができ、他の車の半分の時間でショールームに置くことが可能になりました。

ボックス型デザインからの脱却

パイクカーは初めて、日産がデザイン主導のアプローチで業界を牽引し、妥協するのではなく、元々のコンセプトに忠実でい続けるということを示しました。これを達成するために、日産は成形可能な熱可塑性樹脂※を初めてパイクカーに使用して、新たな製造方法を模索しました。これにより、それぞれの車にアイコニックな丸みを帯びたデザインが可能になったのです。

少量の生産を円滑化するために、日産はすべての計画および製造プロセスをシンプルにしました。容易に入手可能な部品を使い、新たな材料を採用することで、日産は1年間でBe-1の生産を完了することができ、他の車の半分の時間でショールームに置くことが可能になりました。

色褪せないもの

日産が開発した曲線美のデザインと革新的なプロセスは、自動車業界全体に長く印象を刻み続けました。1990年代には、スポーツカーからファミリーセダンまで全て、鋭いエッジの効いたラインは柔らかなラインに徐々に取って代わられました。日産マーチやマイクラのような車に、今でもその魔法の片鱗を見出すことができます。

次の赤信号であなたの隣に停まるのはパイクカーかもしれません。時代を超えても色褪せないものは実在するのです。


※加熱により軟化し、冷却で固化する合成樹脂

色褪せないもの

日産が開発した曲線美のデザインと革新的なプロセスは、自動車業界全体に長く印象を刻み続けました。1990年代には、スポーツカーからファミリーセダンまで全て、鋭いエッジの効いたラインは柔らかなラインに徐々に取って代わられました。日産マーチやマイクラのような車に、今でもその魔法の片鱗を見出すことができます。

次の赤信号であなたの隣に停まるのはパイクカーかもしれません。時代を超えても色褪せないものは実在するのです。


※加熱により軟化し、冷却で固化する合成樹脂

色褪せないもの

日産が開発した曲線美のデザインと革新的なプロセスは、自動車業界全体に長く印象を刻み続けました。1990年代には、スポーツカーからファミリーセダンまで全て、鋭いエッジの効いたラインは柔らかなラインに徐々に取って代わられました。日産マーチやマイクラのような車に、今でもその魔法の片鱗を見出すことができます。

次の赤信号であなたの隣に停まるのはパイクカーかもしれません。時代を超えても色褪せないものは実在するのです。


※加熱により軟化し、冷却で固化する合成樹脂

Nissan Cube